本文へスキップ

NPO法人ウェルビーイングは、孫の手ブルーベリー園の管理運営をしています 

豆知識&簡単レシピ

美味しいブルーベリーの選び方

ブルーベリーは生でも冷凍でも、ジュースやジャム、ソース等に加工・調理しても、おいしく食べられる優れた果物です。
特に最近は健康に良い成分が多く含まれているという事も分かって来たので、ブルーベリーを使った医薬品や化粧品、サプリメント等の健康食品も多く販売されていますし、ブルーベリーのまま日常的に召し上がる方も増えてきました。
当園に来て下さるお客様の中にも「毎日食べるから1年分冷凍にする」と言って、毎年10kg以上もご購入下さる方もおられます。

品種によって多少の違いはありますが、美味しく熟したブルーベリーは黒っぽく濃い青紫色をしています。

左の写真の実はまだ熟しておらず、固いですし非常に酸味が強くてとても食べられません。



右の写真のように、近くにある実でも成長にかなりの差があるので、熟したものと未熟なものでこんなに色が違い、色が濃ければ濃いほど美味しくなっています。

表面の白い粉のようなものは「ブルーム(bloom、果粉)」といって、ブドウやすもも、りんご等の果実の他、ブロッコリー等の表面にもみられるもので、果実から自然に分泌されている天然の蝋物質ですから、ブルーム=新鮮さの証拠ともいえます。

「ブルーム」は雨をはじき、果実の水分蒸発を防ぐとともに、病気などから果実を保護する役目をもっており、人体には無害なので、ブルームがついたまま食べても大丈夫ですよ。

また、熟した実は軽く触れただけでもポロッと軸からとれるので、気を付けて扱わないと、せっかくの美味しい実が下に落ちてしまいます。


もう一つ、おいしいブルーベリーを見分けるポイントとしては、実の「軸」の色です。

未熟な実の軸は白っぽく、熟した実の軸は赤くなっているのが分かりますよね。

と、いうことは、同じように実の色が濃くても、軸が白っぽかったら、まだ熟していないという証拠ですから、摘むのはもう少し待って下さい。 

ブルーベリーはお日様の光をいっぱい浴びて育つので、摘んだばかりの実を口に入れると、ほんのり温かくて優しい甘みがあります。

冷蔵庫で冷やしてもおいしいですが、摘みたての美味しさは格別です。
ご来園下さったお客様は、「お店で買ったものと全然味が違う」と、皆さん驚かれています

せっかく食べ放題のブルーベリー園ですから、一粒づつではなく、ちょっと贅沢な感じでこの位まとめて召し上がると更に美味しいですよ!

孫の手ブルーベリー園では15品種を育てています。
それぞれの品種が分かるよう、樹の列にネームプレートを付けてあるので、受付でお渡しする案内図と品種紹介のチラシを見ながら、お気に入りの味のブルーベリーを見つけて、たくさん召し上がってください。





園内の周遊コースご案内 15品種の紹介 左の画像をクリックすると
印刷様のpdfデータが
別ウインドウで開きます。


ブルーベリーの健康効果

視力回復機能アントシニアン
ブルーベリーの青い色素は「アントシアニン」という抗酸化物質で、目の疲労をやわらげ、視力向上にも効果があると言われ、世界中で利用されています。

フリーラジカル 酸化防止物質
米国農務省老化研究所の調査結果によると、今回対象とした40種類の果物・野菜の中でも、ブルーベリーは、最も酸化防止効果に優れた食品であることが報告されています。
人体に有害な過酸化脂質をおさえ老化を遅らせるには、一日半カップのブルーベリーの摂取が効果的と考えられ、研究者により奨励されています。
ブルーベリーや野菜に含まれる天然の酸化防止物質には、寿命を伸ばし、病気の進行を遅らせる有益な物質が含まれています。
ビタミンAとベータカロチンは、特に白内障と肺癌に効果があると言われ、最近の調査では、ブルーベリーの抗酸化作用は老化を遅らせ、若返りの効能もあると報告されています。

エラグ酸と葉酸
癌にかかることを抑える役割をするといわれています。
特に葉酸は子宮癌から守る役割があると見られ、妊娠中の胎児にも良い環境を与えると言われています。

抗菌作用
スウェーデンでは、乾燥させたブルーベリーのスープが子供の下痢の治療に使われているそうです。
アントシアノシドの特性で感染につながる可能性のある細菌、特に尿路感染の予防に決定的な役割を果たします。

食物繊維
食物繊維を多く含む食品に利点がある事が、過去20年以上の研究で実証されてきました。
通常一日の食物繊維必要量は25gですが、ブルーベリーには、100g中に食物繊維が4.54gも含まれています。

ブルーベリーの美味しいレシピ

【生のブルーベリー果実で】
ブルーベリーサワードリンク
 材料 生ブルーベリー 500g
氷砂糖 500g

リンゴ酢 500c
 作り方 ブルーベリーはボウルに入れて、潰さないように注意しながら洗い、ザルにあげて水気をしっかり切っておきます。
少し大きめのビンにブルーベリーとリンゴ酢、氷砂糖を入れて密封します。
涼しい場所に置き、時々ビンを軽く振るなどして中身を混ぜてください。
一週間経ったら出来上がりです。
お飲みになるときは、水などで4〜5倍くらいに薄めましょう。
※お水の代わりに牛乳や豆乳で割っても美味しくいただけます。
牛乳はお酢と混ざるとヨーグルトの様な風味になるのですが、タンパク質が小さい粒状に固まります。牛乳をお酢と一緒に召し上がる事で、カルシウムの吸収が良くなるそうです。
※普通のお酢のように、ドレッシングなどに利用しても美味しいです。

 ブルーベリーのブランデーシロップ漬け(出来上がりの分量 約500ml程度)
 材料 生ブルーベリー 2カップ
水 1カップ 
砂糖 3/4カップ 
お好みのブランデー 大さじ3〜4
 
蓋つきのガラス瓶(250ml 程度入る瓶を2個用意すると便利)
 作り方 生のブルーベリーをさっと洗います。実にじく等がついていたら取り除き、ペーパータオルに広げて水気を切ります。
分量の砂糖と水を鍋に入れ加熱してシロップを作ります。3分以上沸騰させてください。
シロップを煮ている間に、洗っておいた瓶にブルーベリーを入れて、お好みのブランデーを大さじ3〜4入れます。
熱いシロップを瓶の口から1p下まで注ぎます。
しっかり蓋をしてお鍋で15分煮沸するか、蒸し器で20分くらい加熱して出来上がり。
※蓋がへこんで負圧の状態になっていれば1年くらい保存が出来ます。アイスクリームやヨーグルトにトッピングしたり、ケーキや生クリーム等に入れても美味しいです。
※熱湯や熱くなった瓶を扱いますので、やけどにご注意ください。

 ブルーベリー酒
 材料 生ブルーベリー 400gくらい 
ホワイトリカー 1リットル
 
グラニュー糖  150g
 作り方 @ ブルーベリーはきれいに洗い、水けをよくふき取ります。
A きれいに洗って乾かした保存瓶にホワイトリカー少々(分量外)入れてゆすぎます。
 (アルコールで殺菌)
B Aの瓶にブルーベリー、グラニュー糖、ホワイトリカーを入れます。
C 4か月後に目の細かいざるなどで濾してブルーベリーを取全てり除きます。
瓶の保管は冷暗所が適しています。
飲みごろはブルーベリーの実を取り除いてから1か月後くらいです。


【冷凍のブルーベリー果実で】

 ブルーベリーのヨーグルトスムージー(2人分)
 材料 冷凍ブルーベリー 200g
プレーンヨーグルト 100t
氷 カップ 1
砂糖 大さじ 2

ハチミツ 大さじ 1

※ヨーグルトと氷や、砂糖、ハチミツの量は、お好みで加減してください。)
 作り方 ジュースの作り方とほとんど同じですが、水のかわりにプレーンヨーグルトと氷を使います。
凍ったままのブルーベリー、プレーンヨーグルト、砂糖、ハチミツをミキサーに入れて混ぜます。
水分が少なめなので混ざりにくいですが、数回に分けて氷を入れ、氷が細かくなりシャーベット状になれば出来上がりです。

 ブルーベリーのフローズンヨーグルト
 材料 冷凍ブルーベリー 100g
生クリーム 100g
ヨーグルト 200g
砂糖 60g
 作り方 ボウルに生クリームと砂糖を入れて軽く泡立て、砂糖がザラザラしなくなる程度に混ぜます。
ヨーグルトと冷凍ブルーベリーを加え、さっと混ぜ、ステンレス容器やタッパーに移し、平らにして冷凍庫で冷やし固めます。
1時間置きくらいに様子を見ながら、2〜3回空気を含ませるようにかき混ぜて出来上がり。
※仕上げでかき混ぜるとき、金属製のスプーンより木べらで混ぜる方がブルーベリーがつぶれにくい様です。


生or冷凍 どちらでも出来るもの

 ブルーベリージュース(2人分)
 材料 ブルーベリー 200g
水 200t
砂糖 大さじ 2
ハチミツ 大さじ 1
 作り方 全ての材料をミキサーで混ぜれば出来上がり。 
※冷凍果実を使用の場合は30分前に冷蔵庫より出し自然解凍してください。
※水の量や、砂糖、ハチミツの分量は、ブルーベリーの甘さやお好みで加減してください。

 「ブルーベリージャム」又は「ブルーベリーソース」
 材料 ブルーベリー 250g
砂糖 100g
レモン果汁 1/4個

日本酒 少々
(お好みでブランデーでも可)
 作り方 ブルーベリーをさっと水で洗ったら軽く水気を切ります。
ステンレスやホウロウの鍋に入れ弱火にかけ、ふつふつと沸騰してきたら、砂糖、レモン果汁、酒を入れて火を少し強めます。中火で焦がさないように煮詰めます。木製のへらなどで優しく混ぜて下さい。
アクが出てきますから丁寧に取り除き、
10分くらい煮詰めれば完成ですが、ブルーベリーの性質上それほどねっとりしないので、市販の「ペクチン」を使うと調節しやすいです。
※ジャムを保存する瓶は蒸し器などであらかじめ滅菌消毒してください。
瓶にジャムを移してからふたを閉めてから、もう一度蒸し器に入れて15分から20分加熱します。
瓶のふたがへこみ、完全に負圧になった状態なら、1年程度の保存が出来ます。

インターネットで検索すると、ブルーベリーを使ったおいしいレシピがたくさんありますので、皆さんもいろいろチャレンジしてみてください。

孫の手ブルーベリー園事務局

〒292‐0057
千葉県木更津市東中央1‐1‐13
マコーラ第一ビル6F604
NPO法人ウェルビーイング内
TEL:0438-25-7045
FAX:0438-25-8632
magonote.bb@gmail.com


プライバシーポリシー